【不動産屋・賃貸物件裏話】物件探しの秘密や業者のホンネ大公開!

【不動産屋・賃貸物件裏話】物件探しの秘密や業者のホンネ大公開!
この道15年業界を生き抜いてきた現役の不動産業界関係者(A氏)に直撃インタビュー!名を明かさないことを条件に、普段客が聞くことのできない不動産・賃貸物件の実態を公開します。

売りたい物件と、そうでない物件とあるのですか?

Question

売りたい物件と、そうでない物件とあるのですか?

不動産業者のAnswer:2
物件オーナーさん次第で、物件を売り込む意欲は変わってきます。

<不動産業者A氏>

「任せるから何とか決めてよ」というオーナーさんは貴重

すごく信頼してくれたりとか、お任せしてくれたりとか、こちらの言う提案に対して「任せるから何とか決めてよ」とか言ってくれたりする物件オーナーさんは貴重です。
そういうオーナーさんに対しては、こちらも、一生懸命頑張ろうと思います。

逆に、こちらからの提案に対しても、「そんなのお前らが頑張れば良いだけの話だろう」とか、「何やってるんだ」みたいなことを言われると、これこそ裏話ですけど、正直「もういいや」と思います。

別に、売れなくて貸さなくても、こちらは困らない
困るのはあなたでしょうという話です。

こちらも商売ですし、少なからず「あなたの家賃収入になるように」と思って提案しているのに、グダグダ文句をたれる人も居ますね。
お前らが頑張らないからだ」みたいなことを言うオーナーもいます。

オーナーと人間関係を作っていく

基本的には、物件は不動産屋が自分たちから仕入れます。
例えば、どこかにアパートを建てた人がいたって聞いたら「では、うちで管理どうですか?」という持って行き方をするということです。
建築の時必ず建築看板が出ますので、その写真を撮ってきます。

大手は専門の部署がありますけど、中小は営業マンがそういうのを探しに行って、そこに書かれている設計会社や建築会社に電話します。

そして、オーナーのもとへ足しげく通って、人間関係を作って「任せる」となるようにします。
後は、不動産会社によって、管理の手数料のパーセンテージというのが違うので、安さと管理内容がマッチするかどうかですね。

 

このページのトップへ